活動内容

劇団コンセプト


廿日市に劇団を!!

廿日市市から五日市を拠点に荒木秀典(アラキシュウスケ)が旗揚げした学生中心(小中高大)の演劇団体です。
年齢や性別、経験など一切のバックグラウンドを問わず、「演劇に様々な形で関わることができる団体」を目標に活動しています。

日々の生活を送る中で周りを気にしたり、自分やりたいことを我慢したりしている人もいるかもしれません。でもここでは少しでも「面白そう」「やってみたい」といえば、やりたいことを舞台で実現し仲間とその楽しさを分かち合うことができます。そして、お客さんの拍手や表情から劇場が感動に包まれていることを体感できます。この感動を味わえるのは演劇ならではです。
この感動を皆さんも味わってみませんか?
年齢や性別、経験の有無は問いません。

役者でもスタッフでも大歓迎!少しでも興味のある方は是非こちらにご連絡ください!。

われわれについて

当劇団の歴史


2019年より劇団として活動開始。 

2019年3月23、24日に旗揚げ公演を成功させた。

2019年9月22日に第一回企画公演を行った(台風の影響により夜公演は中止)。

2019年11月2日に生涯学習フェスティバル公演を行った。

2020年3月22日に予定していた第二回本公演は新型コロナウイルスの影響で中止となった。 

上演履歴はこちらに追加されます↓↓↓